山中康弘のヒューマンヒストリー
現時点で障害を持っている山中康弘の 過去のできこと、日々のできごとや思っていること、未来の夢を語っていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福祉にとっての幸福実現(1)
山中康弘です。

福祉にとっての幸福を実現するというテーマで、私が考えていることを書いていきます。

初めに、最低限の幸福とは、何か。それは、生命を保障されているということです。生命が保障されていて、人は、寿命まで生きる権利がある。ということは、実は幸福であるということです。

この当たり前の幸福を享受することが大切です。しかしながら、この当たり前の状況が、今、崩壊しつつあると言えます。

それは、隣国、中国や北朝鮮の問題と日本国内における真実を知らないという問題で、この当たり前の問題が崩壊しつつあります。

現在、北朝鮮においては、ミサイルの発射準備が完了したというニュースが入って言います。また、中国においては、尖閣問題があります。そして、韓国においては、竹島問題があります。

もし、中国・北朝鮮と戦争になれば、多くの生命の保障ができなくなってしまうのです。そして、福祉の幸福が遠ざかるのです。だから、中国や北朝鮮と戦争を起こさせないようにすることは、必要であると思います。

戦争を起こさせないというようにするためには、何が必要かといえば、戦略であり、兵法であり、智慧が必要です。国際的な外交の中で、「どのようにして、戦わずして、勝つのか」という戦略です。決して、平和憲法があるので戦争が起きないというわけではありません。決して、米軍基地や自衛隊をなくさば、戦争が起きないという保障はありません。そんな国際社会は甘くないとし思いますし、それは、単なるお人好しであって、単なるお人好しは、やがて、滅んでいくのです。

 単なるお人好しのではなく、戦争を起きさせないようにすること、考え方が必要だと思います。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yamanakayasuhiro.blog86.fc2.com/tb.php/118-53394e3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。