山中康弘のヒューマンヒストリー
現時点で障害を持っている山中康弘の 過去のできこと、日々のできごとや思っていること、未来の夢を語っていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福祉にとっての幸福実現(本来の政治家は正直に真実を語れ。)
山中康弘です。

ときには、多くの人が間違うこともあるからです。国民一人ひとりがわかっていないともございますし、マスコミが国民が知るべき情報を隠ぺいしたり、流そうとしない場合があります。

やはり、政治家は、真実を述べ伝えるべきだと思います。国防の問題でも、「中国や北朝鮮が危険だから、しっかりと自分の領土を守ります」と言わなくてはなりません。反原発も同様に、しっかりと安全な原発を作ると政治家が言わなくてはなりません。同様に生活保護の問題も、年金の問題も本当のことを言わなくては、本当に幸福が実現しません。

したがって、政治家は、正直に国民に隠すことをいわなくてはなりません。たとえ、国民にとって、都合の悪い情報でも堂々と語る政治家こそが本来の政治家と思います。そして、政治家が「先生」と呼ばれるゆえんは、少し先が見えることと思います。少し先が見えて、国のよいことも、わるいことも、ありのままに語ってくれることが本来の政治家のあるべき姿のではないでしょうか。

しかし、今の政治家は、自分が落選することを恐れ、真実のことを語ることがなければ、政治家として失格であるし、もし、外国がせめてきたときに、おそらく、「遺憾です」といとしか、言い返すことができないと思います。そうではなく、相手が国民であろうとも、他の国であろうとも自分の言いたいことを言い、現実のものとして取られていくという気概が必要ではないでしょうか。

そうであってこそ、福祉政策においても、実現していくことができるのではないでしょうか。良いことも悪いこともお包み隠さず、堂々と言い、着実に実行していくことこそ、本来の政治家だと思います、

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yamanakayasuhiro.blog86.fc2.com/tb.php/130-b292f144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。