山中康弘のヒューマンヒストリー
現時点で障害を持っている山中康弘の 過去のできこと、日々のできごとや思っていること、未来の夢を語っていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘルパーの事業所によって管理されている!?
山中康弘です。

現時点でも障害者がガイドヘルパーを使って外出する場合、ヘルパーの事業所に事前に「いつ、だれとどこへいくのか」ということを連絡しておかないといけませんし、外出した後も、ヘルパーの事業所に、「いつ、だれとどこへ行ったのか」ということが記録してあります。ですので、自分の行動記録が記録されているわけで、ある意味、ヘルパーを使った生活は、ヘルパーの事業所によって管理されつつあるといえます。

さらに、知的障害がある人などは、ヘルパーの事業所で、金銭管理や服薬管理をしていることもあります。要するに、障害者が自立生活をしていると言っても、ヘルパーの事業所で、「いつ、どのように生活をしているのか」ということが管理されているわけです。果たして、それで、自立生活をしていると言えるのでしょうか?

もし、ヘルパーの事業所が悪質であり、その事業所のことを訴える場合「どうするのでしょうか。」もちろん、複数のヘルパーの事業所と契約して、別の事業所のヘルパーに協力してもらって、訴えることもできます。そして、私の場合には、直接、市役所などに苦情を言いに行ったように、本人が直接、市役所などに苦情を言いに行くこともあるでしょう。ただ、多くの場合には、ヘルパーの事業所や福祉施設の言いなりになっていることが多いのではないかと思います。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yamanakayasuhiro.blog86.fc2.com/tb.php/143-40b13adf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。