山中康弘のヒューマンヒストリー
現時点で障害を持っている山中康弘の 過去のできこと、日々のできごとや思っていること、未来の夢を語っていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイナス金利の悪影響(2)
山中康弘です。

多くの人は、「マイナス金利になると、どうするのか」を言えば、きっと、自宅でタンス預金をする人が増えるかもしれません。現在では、家庭用の金庫の売れ行きも多くなってきていると言われています。銀行などに貯めておくよりも、自宅のタンスに貯めておいた方が良いと思われる人が多いと思います。

それは、未来に対する不安がある、老後に対する不安があるので、銀行からお金をおろして使ってしまうよりも、自宅の中でタンス預金をしていく方がよいと考える人が多いと思います。

ですので、銀行にお金を貯めておくより、自宅の金庫に貯めておく方がいいと思う人が多くなると、市場の紙幣の流通量が減ってきます。

そして、マイナス金利を導入しても、先行き不安の空気からお金の借り手がない状態です。未来に対して、不安であれば、たとえ金利がマイナスでも、なかなか投資ができないと思います。あくまでも、投資というのは、確実に未来が良くなると考えて、そのために、お金を使うことですので、未来が良くなると限らない状態で、お金を使うのであれば、それは、投資ではなく、投機です。投機なので半分、確率論の世界になってしまうので、なかなか、お金を使うのに、慎重になってしまうのは、当然なことだと思います。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yamanakayasuhiro.blog86.fc2.com/tb.php/162-2c139321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。