山中康弘のヒューマンヒストリー
現時点で障害を持っている山中康弘の 過去のできこと、日々のできごとや思っていること、未来の夢を語っていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社会保障費を抑制する方法(2)
山中康弘です。

現在、高齢者には、年金平等に支給されていますが、健康を維持していたら、報酬金がもらえる仕組みがあってもいいと思います。

例えば、1万歩を歩いた日数が、1か月の間に20日以上にならば、基礎年金プラス報奨金を支給する仕組みを作ってもいいのではないでしょうか。さらに、富士登山で頂上まで登ったら、報奨金を支給する仕組みもいいでしょう。

やはり、老後の生活のなかでも、努力して、健康生活を維持している人に、年金を多く支給して、毎月、病院通いをしている人には、年金を減額される制度にした方がいいと思います。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yamanakayasuhiro.blog86.fc2.com/tb.php/172-63fa3521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。