山中康弘のヒューマンヒストリー
現時点で障害を持っている山中康弘の 過去のできこと、日々のできごとや思っていること、未来の夢を語っていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次なる国難とは
山中康弘です。


現在では、東日本大震災で、自衛隊や自衛隊予備役を総動員いたしまして、復旧、復興活動致しております。その意味において、自衛隊の存在意義が高まっています。

したがって、現在の日本においては、「自衛隊は違憲である」という人が少なくなっていると思います。

しかしながら、ほとんどの自衛隊が、東日本に集中しているということは、沖縄をはじめとする西日本の防衛体制が希薄になっているということです。

もしも、自衛隊が東日本に集中しているときに、西から中国や北朝鮮が進行してきたら、約250の諸島が一瞬のうちに占領されてしまうはずです。

おそらく、現管内閣は、震災や放射能のこと、頭がいっぱいで、国防のことは考えていないでしょう。

それが、次なる国難につながるのです。さまざまな問題がありますが、いまこそ、国防と言うことを考えるべきだし、次の国難の対策の先手を打つことが大切であると思います。

テーマ:時事ネタ - ジャンル:ニュース

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yamanakayasuhiro.blog86.fc2.com/tb.php/74-04bfb6ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。