山中康弘のヒューマンヒストリー
現時点で障害を持っている山中康弘の 過去のできこと、日々のできごとや思っていること、未来の夢を語っていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やがて年金や生活保護の配給制もやってくる
山中康弘です。


日本国民が、「貧困の社会になりたいか、なりたくないか」ということを、いずれに日本が選択しなければならない時がくると思います。

しかしながら、民主党政権には、民意を問わないという考え方があります。つまり、この民主党政権で、残りの2年続けていくのです。

このままでと、貧国になっていきますし、徐々にではありますが、配給制に移行することが考えられます。やはり、資金源がないという理由で、子ども手当ての現物支給をするということを断じて阻止をしなければなりません(震災の影響で子ども手当政策事態が縮小されつつある)。

もし、子ども手当ての現物支給を許してしまえば、やがて、年金や生活保護も現物支給になることが予想されます。それは、震災で避難している人たちのように毎日、おにぎりやパンなどを支給されるようになります。

おそらく、民主党の政府には、高齢者や障害者の世帯に,生活保護費や年金のように現金ではなく、おコメや野菜、魚などを支給して現金の金額を減らす方法をおそらく考えつくと思います。あるいは、生活保護の場合には、家賃扶助がありますが、もしも、生活保護の家賃扶助か無駄であるという理由で、仕分けの対象になった場合、いずれ、生活保護者の未来というのは、施設の中で生活することになるでしょう。

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yamanakayasuhiro.blog86.fc2.com/tb.php/91-54367198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。